【正義のセ2話】ネタバレあらすじ&感想!被害者の味方は検事だけ

動画の神様
正義のセ第1話は資料率も高く、かなり大成功だったようじゃのう
ドラマっ子
だって凛々子ちゃんかわいいし、表裏がなさそうで私大好きになっちゃいました
動画の神様
そして、第2話が放送じゃ
ドラマっ子
またかわいい凜々子ちゃんが見るのが楽しみ!

ここでは正義のセの2話のネタバレあらすじ・感想をご紹介します。

まだ2話を見ていない方はこちらから正義のセ2話のネタバレ・感想が見られます。

 

まずはドラマ「正義のセ」2話の予告動画から

ドラマ「正義のセ」2話のネタバレあらすじ前半

さっそく正義のセ第2話のネタバレあらすじをご紹介します。

 

優希とデートの途中で緊急呼び出し

カフェでランチを食べ、3ヶ月ぶりに彼氏の優希(大野拓朗)とデートをしている凜々子(吉高由里子)のもとに一本の電話が。

徳永(塚地武雅)に、娘と奥さんが熱を出したから日直を午後から変わってほしいというお願いだった。デートの途中だが仕方なく職場に向かう。

凛々子、殺人事件の担当になる

妻が夫を殺したという殺人事件が起きる。

何事も経験だと梅宮譲(寺脇康文)に言われ、凜々子は初めて殺人事件を担当することになった。

実家で殺人事件の担当になったことを家族に告げると取り調べの練習が始まった。

殺人事件は亡くなった被害者からは話を聞くことができないから、被疑者の取り調べが非常に重要。

殺すつもりがあった場合は殺人罪。殺すつもりがないのに傷つけて殺してしまった場合は傷害致死罪。

この違いによって刑期が大きく変わってくるということで、殺人事件の難しさを家族に伝えた。

殺人事件の取り調べをする凜々子

被疑者、町田かれん(財前直見)は酔って帰宅した夫の町田義之(大澄賢也)と口論になり、花瓶で頭を殴打。

自ら110番通報するが、殺すつもりはなかったと殺意は否定。

「事件というより事故だと思うんです」町田かれんは取り調べで、夫から身を守るために抵抗しただけだと話し、花瓶で1回殴ったことを認めた。

口論になった理由を尋ねると、飲んで帰ってきた夫にお茶漬けを用意するのを忘れていたからだという。

夫からの暴力はこれまであったのかと聞かれ、DVは無かったと答え、「ウチはうまくいってたんです」と涙する町田かれんだった。

町田かれんには娘がいたが、警察の聴取で19歳の娘の居場所が分からないという。

泣いて訴える町田かれんに同情する凜々子だったが、「どうも、信用できませんね」と疑う相原(安田顕)だった・・・

相原も結婚経験あり、ただし・・・

町田かれんが怪しいという相原を見て、相原にも娘さんがいるのかと質問する凜々子に、「バツ」「イチ」とジェスチャーをする同僚を見て、相原がバツイチだということを知る。

離婚理由は「一緒にいると息が詰まる」と妻から言われ、別れたのだという。

家に帰ってきた凛々子は親子けんかに出くわす。

温子(広瀬アリス):「私が継がなきゃこの店潰れちゃうんだよ」

父(生瀬勝久):「それでいいんだよ!この店は俺の代で終わりにするんだ」

温子が豆腐屋を継ごうと話すも父の浩一と口論に。

浩一は本当は嬉しいけど、温子に苦労させたくないからと娘のことを思っての行動だと母は言った。

 

ドラマ「正義のセ」2話のネタバレあらすじ後半

ネタバレあらすじ後半に続きます。

町田かれんはなぜ夫を殺したのか?

「町田かれん、男がいたかもしれませんよ」警察署の刑事から不倫をしていたかもしれないという電話がかかってくる。

スーパーの防犯カメラにも2人が笑顔で歩く姿が映っていた。

事件現場の家に行くと、近所に住むおばさんから町田が捨てたゴミ袋の中に破られた離婚届が入っていたことを聞く。

司法解剖の立会いが苦手な凜々子だったが、相原に連れていかれ、神奈川医科大学へ。

死因は鈍器で殴られたことによる脳挫傷で、義之が少なくとも5回は殴られていたということが判明。

町田かれんに殺意があったと思いこんだ凛々子は意気込んで2回目の取り調べをするが、「そのあとのことは覚えてないと言ったんです」とかれんは前回とは態度を一変させる。

防犯カメラに映っていた男と離婚届について追求するも「知りません」の一点張り。

「検事さん、結婚したことあります?夫婦ってそんな簡単なものじゃない」と言われ、トイレで負けたと頭を打ち付ける凜々子。

その後、不倫相手だと思われた男は、実は就職を斡旋する会社のスタッフだということが分かる。

町田かれんはDVされていた

町田かれんの携帯電話を調べ、連絡先やメールのやりとりはすべて就職斡旋先のスタッフだった。

娘の町田まりあ(矢作穂香)のSNSをフォローしていたことが分かる。

凜々子はSNSの情報を頼りにまりあの居場所を見つけ出し、会いに行くことにした。

「私、あの家とは関係ありませんから」とそっけない態度のまりあに両親のことを聞くと、義之が日常的に町田かれんに暴力を振るっていたことが判明する。

そんな父親と別れない母親のことが嫌いで、まりあは1年半前に家を出たのだった。

凛々子と相原は町田かれんがSNSをフォローしていたこと、家を出て働こうとしていたこと、そして家を出て自立して生きていこうとしていたことを娘に伝える。

事件当日、夫の義之から耐えられないことを言われた町田かれんの状況が想像できた凛々子だったが、自供してもらわないといけないことを心配した。

相原:「自供してもらわないと殺意を立証できませんからね」

凛々子:「違います!自分のしたことを認めなければ、前に進めませんから」

オフィスに戻ろうとする凛々子にまりあは母親への手紙を託すのだった。

町田かれんから事件の真相が語られる

取り調べで娘から預かった手紙を渡す。

そこには、母であるかれんに会いたいということ、私が家を飛び出さなかったらこんなことにならなかったんじゃないかという後悔の気持ち、罪を償って戻ってきたら一緒に暮らそうという優しい言葉が書かれていた。

手紙を読み終えると涙を流し、罪を自白し始めた。

事件の夜、夫に離婚届が見つかり、「仕事なんてすぐに断れ」と怒鳴る義之に殴られた後、「私、あなたといると、前に進めない!」と叫びながら花瓶で殴り殺したのだった。

町田かれん:「検事さんすみません。私、夫を殺しました。」

情状酌量の余地があるとしながら、凜々子は殺人罪、懲役10年として起訴状を作る。

「難しい事件だったね。これからもどんどん悩んでください」と凜々子を叩く梅宮譲(寺脇康文)。

起訴できたのに浮かない顔をする凜々子に同僚の大塚仁志(三浦翔平)が声をかけた。

「難しいんだ、検事は人の心と向き合う仕事だからな」

温子、豆腐屋を継ぐ

後日、凜々子に連れられ、もう一度浩一に気持ちを伝える温子。

温子:「お父さん、私本気だよ。この仕事を自分の仕事としてやっていきたいと思ってる」

土下座してお願いする温子に対して「俺の指導は厳しいぞ」と浩一は認めるのだった。

 

正義のセ2話のドラマにうるさい管理人の感想と視聴者の評価!

ここではこれまで人気ドラマを見続けてきた動画の神様の管理人の感想と視聴者の方のネットでの反応をご紹介します。

 

正義のセ2話の管理人の感想!

こんにちは。動画の神様編集部です。

ここからは動画の神様編集部の感想についてご紹介します。

1話で検事としての力の片鱗を見せた凛々子ですが、2話は本格的な殺人事件を担当することになって、他の事件は担当しないのかドラマでは紹介されませんでした。

1つのドラマで1つのストーリー

支部長役の寺脇康文もすごくいい味を出していて、これが大杉連だったらとちょっと考えてみる部分もありました。

2話目は検事としての立場としての凛々子が中心で、検察事務官の相原との関係が強く印象付けられたのではないでしょうか?

恋に関しては、デートの待ち合わせはしているけど、ことごとく会えていないのがおもしろい。

ここから恋に関しては盛り上がってくるのかな?という感じです。

2話目も同じように事件解決パターンで行くのか?それとも違うストーリで進むのか楽しみです。

 

ドラマ「正義のセ」2話のネット上の視聴者の評価は?

世間の人の正義のセの評価を見てみましょう。

動画の神様
正義のセは毎回スペシャルゲストがいて、その俳優さんの評価も高いのぅ
ドラマっ子
矢作穂香ちゃんがかわいい

 

正義のセの見逃しを違反せずかつ安全にみる方法!

正義のセの2話を見逃した場合、ドラマ動画を見る方法はいろいろありますが、一番のおすすめはHuluで見ることです。

Huluは月額933円(税抜)ですが、初回登録時は2週間無料で全作品が見放題のトライアル期間があるからです。

「正義のセ」以外でも現在放送中の連ドラのラブリラン、Missデビル 人事の悪魔・椿眞子、崖っぷちホテル!、〇〇な人の末路など見れなかったドラマの最新話の見逃し配信が見れちゃうのは嬉しいですよね。

 

正義のセ3話の内容や展開は?あらすじをこっそりご紹介!

2018年4月18日(水)22時00分から放送の日本テレビドラマ『正義のセ』第2話のあらすじをご紹介します。

凜々子(吉高由里子)は同期の検事で親友でもある順子と朋美に、久しぶりに再会する。しかし、なぜかその場は婚活パーティー。優希(大野拓朗)という恋人がいるのに…と戸惑う凜々子だったが、順子と朋美に「新しい出会いを見つけておいて損はない」と言われる。そこへ優希から呼び出しの電話が。凜々子は彼のもとへ駆け付け、順調な関係を築いていると思われたが――。

そんな中、凜々子は結婚詐欺事件を担当することになる。被害者の沢井七美(磯山さやか)は、婚活パーティーでIT企業社長の藤堂と出会い、結婚の約束をして式場の予約までしていた。だがその後、藤堂から「事業のトラブルで金が必要になった」と言われ、資金援助のつもりで1000万円を渡したところ、藤堂はその日から音信不通になってしまったという。しかも、藤堂から聞いていた住所は嘘で、経営しているはずの会社は存在せず、結婚式場もキャンセルされていた。「女性の弱みに付け込んでお金をだまし取るなんて絶対許せない」と怒りをあらわにする凜々子。

藤堂と名乗っていた男の本名は、鈴木正夫(三浦貴大)。鈴木は容疑を否認しており、1000万円は受け取っていないと主張する。警察も決定的な決め手となる証拠がつかめていないため、鈴木は逮捕されず、在宅のまま横浜地検に送致されてきていた。
鈴木は七美に嘘をついたことは認めるものの、凜々子の質問をのらりくらりとかわし、七美を心から愛していたのだと涙ながらに訴える。そんな鈴木に、翻弄される凜々子。

凜々子は相原(安田顕)とともに、鈴木が七美から金を騙し取った証拠を探すが、鈴木を決定的に追い込むまでには至らない―。そんな中、凜々子は優希から結婚を申し込まれ…。捜査が難航する結婚詐欺事件と、突然のプロポーズ!
凜々子は人生の大きな決断に迫られる!?

引用:公式サイト

 

まとめ

動画の神様
どうじゃ?これまで正義のセ第2話のネタバレ感想を紹介してきたが、凛々子の成長は感じられたかな?
ドラマっ子
成長?・・・は感じられないかな。凛々子ちゃんの元気さや熱さが伝わってきてるけど

凛々子と優希の関係がどうなるのか?凛々子がどう成長していくのかが気になる!

正義のセ3話をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です