Amazonプライムビデオの見方や使い方【完全ガイド】

ishioka
こんにちは!「動画の神様」編集部のイシオカです。当ページではAmazonプライムビデオの見方や使い方について詳しく解説します。

具体的には、動画コンテンツを視聴するための「対応デバイス」「購入方法」「視聴方法」について詳しく説明していきます。更にはプライム会員になると利用できるサービスのメリット12選についても説明します。

Amazonプライムビデオの見方・使い方(対応デバイス・購入・視聴方法)

動画コンテンツを視聴するための「対応デバイス」「購入方法」「視聴方法」を以下にて詳しく解説します。

Amazonプライムビデオの対応デバイスは全部で7種類!

以下7つがAmazonビデオの動画再生が可能な端末一覧です。

  1. パソコン(ウェブサイトでのストリーミング)
  2. Amazon Fire TVおよびFire TV Stick
  3. Fireタブレット
  4. iOSデバイス
  5. Androidデバイス
  6. ゲーム機
  7. テレビ/Blu-rayレコーダー/Blu-rayプレーヤー

Amazonビデオはパソコン、iPhone、iPad、iPod touch、Android Phone、PS4、Fire HD、テレビなど多様なデバイスからコンテンツを楽しむことができます。

Amazonプライムビデオの購入方法はレンタルと購入の2種類

レンタル 購入
料金 100円~ 100円~
保有期間 30日以内 無期限

上記のように、Amazonプライムビデオの購入方法はレンタルと購入の2種類の視聴方法から楽しむことができます。

手元に残したい作品であれば、動画の購入をオススメし、新作やお試しで視聴したい場合は、レンタルが良いです。

Amazonプライムビデオの視聴方法はストリーミングとダウンロードの2種類

ストリーミング ダウンロード
ネット接続 必要 不必要

【最新版】月額325円で利用できるAmazonプライム会員メリット12選

Amazonプライム・ビデオは、年会費3900円のAmazonプライムに加入しておけば、「プライム対象商品」の作品であれば見放題になる動画配信サービスです。

Amazonプライム・ビデオは他社動画配信サービスのHuluや、U-NEXTと比較すると見放題の作品数が少ないです。

1週間に動画視聴20本以上の動画を見るヘビーユーザーには不向きかもしれませんが、隙間時間に動画を見るライトユーザー層には十分なラインナップが揃っています。

とはいえ、月額325円で利用できるAmazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員のたくさん特典がある中の一つです。

動画配信サービス以外でも他サービスが利用できるのがAmazonプライム会員のよいところ。そこで会員になると利用できるメリット12選を以下にまとめました

【より賢くAmazonプライムを使う!】Amazonプライム会員でのメリット12選

メリット1 メリット2 メリット3
送料無料!急ぎ便、お届け日指定も! 1時間以内に商品が届く「Prime now」 Fireタブレット・キンドルが4000円引き
メリット4 メリット5 メリット6
キンドル本が毎月月1冊無料で読める! プライム会員限定先行タイムセール 100万曲以上が聞き放題「Prime Music」
メリット7 メリット8 メリット9
24時間いつでも楽しめる「プライムラジオ」 映画、ドラマ、アニメが見放題!「プライムビデオ」 1人暮らしの強い味方。「Amazonパントリー」
メリット10 メリット11 メリット12
小さい子供がいる方に最適。「Amazonファミリー」 写真をクラウド上に無制限で保存!「プライムフォト」 【新特典】Amazon Dash Button(ダッシュボタン)」

上記メリット12選の詳細が気になる方はこちらのページから確認ください。

【まとめ】Amazonプライムビデオの見方・使い方

いかがだったでしょうか?Amazonプライム会員は、動画サービスの視聴だけではなくたくさんの特典が用意されています。年額3900円は高額!と最初は感じていたのですが、プライムの利用頻度が高くなるとその安さに驚くばかりです。動画サービスだけではなく、いろんな角度からアマゾンプライム会員の検討をして下さいねっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です