【画質荒い】Amazonプライムビデオの画質の悪さを解消する方法

ishioka
こんにちは!「動画の神様」編集部のイシオカです。Amazonプライムビデオの画質が悪くてどうにかしたい!そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。当ページでは、

  • 画質設定の変更方法
  • 再生できるデバイス一覧と対応画質
  • 画質の悪さでよくある質問や疑問FAQ

などをまとめました。デバイスごとでコストをかけないと画質改善ができないものもあるので、ぜひ参考にして下さい。

PC(windows、Mac)からAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法【ステップ3】

初めにPC(windows、Mac)からAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法をご紹介します。

ステップ1)再生画面の右上にある「オプション」をクリック

ステップ2)画像品質を以下3つから選択

  1. 良い(SD:1時間当たり約0.38GB)
  2. ベター(SD:1時間当たり約1.40GB)
  3. ベスト(HD:1時間当たり約6.84GB)

ステップ3)「ベスト」をクリックすると画面左部「HD」のアイコンが点灯

※HD画像に対応してないコンテンツは画面左部の「HD」のアイコンはありません。

iPhone・iPad(iOSデバイス)からAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法【ステップ4】

iPhone・iPadからAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法をご紹介します。

ステップ1)ホーム画面右下「設定」をタップ

ステップ2)「ストリーミング再生・ダウンロード」をタップ

ステップ3)「ストリーミングの質」をタップ

ステップ4)「最高・高・中」の3つから画質をタップし完了

  1. 最高(HD:1時間当たり約5.8GB)
  2. 高(SD:1時間当たり約1.8GB)
  3. 中(SD:1時間当たり約0.6GB)

※「最高」は1時間当たり約5.8GBと、データ使用が膨大なので、WIFI接続時以外は、「高・中」での設定がオススメです。

Androidスマートフォン・タブレット(Androidデバイス)からAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法【ステップ4】

Androidスマートフォン・タブレットからAmazonプライムビデオの画質設定を変更する方法をご紹介します。

ステップ1)ホーム画面右下の「設定」をタップ

ステップ2)「ストリーミングおよびダウンロード」をタップ

ステップ3)「ストリーミングの品質」をタップ

ステップ4)「最高画質・高画質・標準画質・データセーバー」の4つから画質をタップし完了

  1. 最高画質(1時間当たり約0.46GB)
  2. 高画質(1時間当たり約0.33GB)
  3. 標準画質(1時間当たり約0.27GB)
  4. データセーバー(1時間当たり約0.14GB)

※Androidデバイスは、iOSデバイスと比べ「最高画質」1時間当たり約0.46GBのデータ使用で少なめなので、「最高画質」でもよいです。
※アプリインストール後のデフォルトは「標準画質」に設定させております。

【デバイス別】Amazonプライムビデオのストリーミング時の画質一覧

デバイス別でAmazonプライムビデオのストリーミング時(映像をみれる)の対応画質をまとめました。自分の持っているデバイスがどの画質に対応しているのか知ることができるので参考にして下さい。

デバイス ストリーミング時の画質
パソコン(windows、Mac) SD, HD
Amazon Fire TV SD, HD, UHD
Fire TV Stick SD, HD, UHD
Fireタブレット SD, HD
Kindle Fire(第2世代) SD
iOSデバイス(iPad, iPhone & iPod touch) SD, HD
1.Androidデバイス(Sony Xperia XZ Premium G8141, G8142, SO-04J; SHARP SH-03J,SHARP 605SH, SHARP SHV39) UHD/HDR/HD
2.Androidデバイス(Samsung Galaxy 8, 8+, Galaxy Tab S3) HDR/HD
上記1~2に該当しないAndroidデバイス SD
プレイステーション3 (PS3) SD, HD
プレイステーション4(PS4) SD, HD
Wii Uのみ HD
テレビ/LG SD、HD、UHD(2014年以降のUltra HD TVの場合)
テレビ/Panasonic SD, HD, UHD (Ultra HD対応デバイス )
テレビ/Sony SD, HD, UHD (2014年以降のUltra HD対応デバイス )

上記表からわかる通り、ストリーミング時の画質は、SD、HD、UHDの3つに分類されます。2chやネットの口コミを見ても、SDのみの対応デバイスだと画質が荒いと感じる人も多いという人が多く、Kindle Fire(第2世代)や一部AndroidデバイスはSDのみの対応です。

また、プレイステーション3 (PS3)は、SD, HD対応ですが10年前のハードが利用されているので、SD再生をすると画質が荒いという口コミも多かったです。以下で詳しく解説していきます。

Amazonプライムビデオの画質の悪さでよくある質問や疑問FAQ

Amazonプライムビデオの画質の悪さでよくある質問や疑問FAQについて詳しく解説していきます。

【Q】PS3経由でAmazonプライムビデオを再生すると画質が荒いのですが、解決策はありますか?PS4はどう?

【A】PS3経由でコンテンツがSD画質のみ(HD非対応)の映像ですと、クリアな画像で見ることは難しいです。HD動画を再生する場合は、HDMIケーブルをの利用で改善されます。

【Q】iOSデバイス(iPad, iPhone & iPod touch)Amazonプライムビデオの画質は問題ない?

【A】iOSデバイスは、標準画質[SD]、高画質[HD] 再生が可能です。HDの作品数は2,644件、SDの作品数7,998件のコンテンツが用意されています。

高画質[HD] 再生可能な作品に関しては、画質は問題なくキレイですが、標準画質[SD]再生だと正直クリアな映像とは言えないかも。とはいえ再生は問題ないです。

【Q】一部Androidデバイス以外はすべてSDのみの対応で画質が悪い?

デバイス ストリーミング時の画質
1.Androidデバイス(Sony Xperia XZ Premium G8141, G8142, SO-04J; SHARP SH-03J,SHARP 605SH, SHARP SHV39) UHD/HDR/HD
2.Androidデバイス(Samsung Galaxy 8, 8+, Galaxy Tab S3) HDR/HD
上記1~2に該当しないAndroidデバイス SD

【A】上記1~2に該当しないAndroidデバイスは、標準画質[SD]再生のみとなっております。クリアな画質にこだわる人には不向きかもしれません。

【まとめ】Amazonプライムビデオの画質の悪さを良くする方法

いかがだったでしょうか?デバイスによっては、Fire TV StickやHDMIケーブルを購入する事で高画質コンテンツ配信が可能ですが、コストをかける必要もあります。動画配信サービスの中で、画質が良いサービスは、U-next、Huluなどが代表ですが、月額1500~2900円と高額です

Amazonプライムビデオは月額400円でコストも抑えれるので、1年のトータルで考えても追加で高画質配信をするための道具を購入しても、安くコストを抑えることができオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です